肘内障

  • 腕を下げたまま動かせなくなる
  • 物を持とうとしない
  • 腫脹、熱感、発赤などはみられない
  • 触れようとすると嫌がる
  • 痛がって曲げない

肘内障とは

肘内障とは、小学生になる前のお子様に多く、その年代の子供はまだ発達途中で肘の輪状靭帯と橈骨頭はしっかり固定されていません。

  • 腕を引っ張られる
  • 「転倒」
  • 「寝返り」
  • 「腕を持ち上げられる」

などがきっかけで亜脱臼を起こすことがあります。

性差、左右差はなく、反復して起こりやすいので注意が必要になりますが、成長とともに生じにくくなっていきます。

肘内障の痛む箇所

肘内障の症状

肘内障になったお子様の年齢では「痛み」の正確な表現は難しい場合もあります。実際に亜脱臼をしているのは肘ですが、肩の辺りが痛いと言ったり、腕が痛いと言ったりする事もあります。

肘内障の子供の特徴
  • 痛めた方の手で頭をさわることが出来ない(腕が挙がらない)
  • バンザイをするといた痛めた方だけ挙がらない
  • 動かすと痛いため、腕や手を動かそうとしない

などが挙げられます。

 

肘内障の施術

肘内障は肘の亜脱臼ですので、脱臼であるのか、骨折はしていないか?をしっかりと見極めて応急処置として脱臼の整復をします。