足関節捻挫

  • 足を挫(くじ)いて痛い
  • 何もしていなくてもズキズキと痛む
  • 足に体重をかけると痛みが出る
  • スポーツ中に足首に痛みが出た
  • ハイヒールなどを履いていてぐねった

足関節捻挫とは

足関節捻挫とは

足関節が何らかの外力を受け、足関節の生理的範囲(関節が正常に動く範囲)を超える運動を矯正され、靭帯・関節包(関節を包む膜)などの関節支持組織が断裂または損傷したことを言います。

 

足関節捻挫で損傷する靭帯
  • 前距腓靭帯
  • 後距腓靭帯
  • 踵腓靭帯
  • 三角靭帯
  • 二分靭帯

これらの靭帯が外力のかかり方によって損傷します。

『足関節捻挫』あなたの体は大丈夫?

足関節捻挫は、一般的に捻挫ぐらい大丈夫だろうと軽視される症状ですが、侮ってはいけません!!

捻挫には1度~3度までの評価基準があり3度になると手術の対応となります。

なお、1度・2度でも関節の緩さや代償動作が出ることで、膝や腰に負担を掛け2次的に別の部位を痛めてしまう可能性があります。

さらに、『捻挫は癖になる』と良く耳にすることがあると思いますが、それは捻挫のリハビリが完成していない状態で、治療をやめてしまったり、リハビリをサボってしまう事で足関節が緩くなってしまい再び捻挫を起こしやすい足首になってしまいます。

これが、『癖になる』原因です。

このように”たかが捻挫”と言っても気をつけないと、怪我の悪化・増加に繋がりますので放置しないようにしましょう。

もし、何か気になることがありましたらいつでも池田市石橋にあるフロンティア整骨院・鍼灸院へお越しください!

フロンティア整骨院・鍼灸院での施術

フロンティア整骨院・鍼灸院では関節捻挫に対し、

  • 炎症を引かすために
    『アイシング』
    『安静固定(包帯・テーピング)』

  • 痛みの緩和に
    『ハイボルテージ電気』

  • 痛みから動かしにくくなった関節・筋肉に対し
    『整体』
    『手技』
    『鍼灸施術』

  • 関節の緩さ・捻挫再発予防に対し
    『運動療法・リハビリ』

を適宜行います。

※症状により施術内容が異なります。