上腕二頭筋長頭腱炎

  • 肩の前側が痛い
  • ドアノブを捻る時が痛い
  • 腕を上げると痛い
  • カバンを持つと痛い
  • 手を後ろに引くと痛い

上腕二頭筋長頭腱炎とは

上腕二頭筋長頭腱炎とは、肩から肘にかけて着いている上腕二頭筋(力こぶの筋肉)に負荷がかかって腱と骨の部分に摩擦が起こり、炎症が起こってしまう状態です。

原因の一つとしては構造上の問題があり、長頭腱は結節間溝と呼ばれる上腕骨の溝に入っており、摩擦が起きやすいです。
そのため、荷物を持ち上げようとしたり腕を上げようと力を入れた時に擦れて痛みが出たりします。
野球やバレーボール等の投球動作など動作を繰り返し行うスポーツや40代~50代前後の肉体労働をされている方などでよく発症します。

痛む場所

上腕二頭筋長頭腱炎の主に痛い場所はコチラ

上腕二頭筋長頭腱炎の痛む場所上腕二頭筋長頭腱炎の痛い場所の説明画像

 

 

 

 

 

 

 

 

上腕二頭筋炎では、「腕をよく使う」などの反復動作によるオーバーユースが原因で起こってくるものなので、その痛みから肩関節の動かし方が変わり肩関節に負担がかかり五十肩などに繋がるほか、上腕二頭筋の付着部の負担から筋腹(ちからこぶ の辺り)に疲労が蓄積し、肉離れを起こしてしまう事もありますので、痛みやダルさなどが出た際は一度フロンティア整骨院・鍼灸院へお越しください!

上腕二頭筋長頭腱炎の施術

炎症がきつい時

上腕二頭筋長頭腱炎の炎症がきつい時には患部にアイシング(冷罨法)をし、テーピングや包帯圧迫固定を施します。
場合によってはハイボルテージ電気の急性期モードで除痛を行います。

回復期

ある程度強い痛みが軽減してくると上腕二頭筋をしっかりと手技し、筋肉を緩めます。
『手技』
『整体』
『ストレッチ』
『アイソメトリックコントラクション』

などを行います。

メンテナンス期

その後はメンテナンスとして
『運動療法』
『筋力トレーニング』

などを行います。