変形性膝関節症

  • 立ち上がる時に膝が痛い
  • 歩き始めなどの初動時に膝が痛い
  • 階段の昇降時に膝が痛い
  • 膝が変形してくる(O脚、X脚)
  • 膝に水が溜まる

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは、膝の関節軟骨が老化に伴って弾力性を失い、膝の使いすぎによって軟骨が擦り減り、関節が変形してくる状態です。

関節に炎症が起こると水が溜まってきて何回も注射で水を抜いてもまた溜まってくる場合があり、痛みも伴います。 主に高齢者の女性に多く、肥満や遺伝が関係していて、関節が完全に変形してしまうともう元には戻らないので、早期の治療が大切です。

 

変形性膝関節症 あなたの体は大丈夫?

初期のころは膝関節のこわばる感じから始まります。長く正座をしたり「あぐら」をかいた後など座った姿勢から立ち上がろうとするときに痛み、少し歩くと痛みが軽減するが長時間歩くとまた痛くなる…といった状態になりやすいです。

膝関節の内側を押さえると痛みがあるのが一つの特徴です。その後、状態が悪化していくと徐々にO脚になり、そのころには膝関節の軟骨がすり減ってしまっている事もあります。

進行してしまうと手術をしないといけない状態にまでなってしまう為、早期に施術して変形を抑えていかなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

(※膝関節の変形がかなり進行してしまっている写真)

変形性関節症に対する施術

炎症症状がきつい時

膝が腫れて熱を持ち、じっとしていてもズキズキうずくような痛みがある場合は、アイシング(冷罨法)を施し、テーピングや包帯にて圧迫固定をします。

 

症状が落ち着いて来たら
  • 膝を動かす筋肉の手技
  • 膝まわりの筋力の強化
  • ストレッチ
  • 歩き方の改善
  • 鍼灸施術

などを行い、変形が今以上にひどくならないような施術が必要になります。