膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)

  • 体重がかかると痛い
  • 階段の昇り降りが辛い
  • 運動することが増えた
  • 立ち上がるのが辛い
  • 湿布をしていても痛みが引かない

膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)とは?

膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)とは、太ももの筋肉(大腿四頭筋)の腱である膝蓋靭帯が過度の屈伸運動の繰り返しにより炎症を起こし痛みが出るもです。

特にバスッケトボール・バレボールなどの跳躍動作を多くするスポーツや、サッカーなどのキック動作が多いスポーツで多発します。

原因
  • 太ももの筋肉(大腿四頭筋)の使い過ぎ
    • ジャンプの繰り返し
    • ダッシュ動作の繰り返し
    • ストップ&Goの繰り返し
  • ケア不足による筋肉の柔軟性の低下
    • 運動前のストレッチ不足
    • 運動後のストレッチ不足
    • 疲労の蓄積

などがあります。

『膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)』あなたの体は大丈夫?

上記でも記載した様に膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)は、筋肉の使い過ぎにより起こります。

初めは膝周囲の重だるさや軽度の痛みから始まり、徐々に痛みの度合いが増えてきます。徐々に症状が悪化していくので、重症になるまで気づかない方が多いです。

最悪の場合は膝蓋靭帯の断裂を起す可能性もあります。

それに加え、膝関節は日々の生活の中で安静にするのが難しく痛みが長引いてしまう事が多々あります。
その状態で生活をしていると、痛みにより歩き方・姿勢が変化するため別の関節・筋肉に負担を掛け『ぎっくり腰』『腰痛』『足関節の痛み』などの原因になってしまいます。

少しでも膝に違和感がありましたら一度池田市石橋にあるフロンティア整骨院・鍼灸院へお越しください。

 

フロンティア整骨院・鍼灸院での施術

フロンティア整骨院・鍼灸院ではトレーナー活動で培った技術・知識を用いて症状の早期改善・早期復帰を行います。

施術方法
  • 柔軟性が無くなった筋肉には⇒整体、手技、ハイボルテージ電気、鍼灸施術
  • 炎症を起こしている関節には⇒アイシング、テーピング固定、包帯圧迫固定
  • 再発防止には⇒運動療法、リハビリ

を行います。

 

※症状により施術内容が異なります。